アートにエールを!

微笑みの輪を広げよう レェッヒェルン

  • 公開日 2020.10.01
  • 視聴回数 999回
  • 01音楽
1.荒城の月(土井晩翠作詞 滝廉太郎作曲)

ソプラノ、クラリネット、バスクラリネット、ピアノ編成に編曲しました。

2.はと(作者不詳)

誰もが知っている童謡です。カノン~メヌエット~ジャズ風~ミュージカル風にと編曲しました。

3.岩の上の羊飼い(シューベルト作曲)

シューベルト晩年の歌曲とされています。原曲はドイツ語で書かれた三つの詩による曲ですが、ミュラーの詩「愛の思い」からによる第3節を日本語に訳しての演奏です。春 すぐそこ、春 憧れ~~響くよこだま~と歌われます。

3曲メドレーでお聞きください。幼児から大人まで、皆さんに届けたいと選曲、アレンジをしました。楽しんでいただけましたら嬉しいです。

レェッヒェルン(微笑み)

初めまして「レェッヒェルン」です。レェッヒェルンは、ドイツ語で微笑みという意味です。コンサートホールや舞台でのコンサート、幼稚園、学校、障害者施設、高齢者施設で身近に音楽を楽しむ活動をしています。主にクラッシック音楽、日本歌曲、童謡、海外の作品を日本語に訳しての演奏、物語と音楽、絵と音楽の表現をしています。今回は、歌、クラリネット、ピアノのユニットです。今、改めて音楽を届けたい!アートは、なくてはならない!との思いで動画に取り組みました。微笑の輪が広がりますように・・・