アートにエールを!

いまを越えて

  • 公開日 2020.09.29
  • 視聴回数 562回
  • 06伝統芸能/TRADITIONAL ARTS
詩吟は江戸時代から続いている伝統芸能です。漢詩に節を付けCD音源や尺八やお琴の伴奏などで吟じます。
今回の動画では日本の漢詩七言絶句3題を選びました。
富士山…日本の象徴でありその美しさや東海の空の色等描いた詩
早(つと)に深川を発す…江戸時代、隅田川沿いの生活を描いた詩
百忍の詩…耐え忍ぶ事が人の幸福にとって大切だという事を描いた詩
琴と吟で各々自宅からスマートフォン、Zoomを使用し演奏を行い録画する予定です。バーチャル背景機能なども使用しそれぞれの風景など映します。この動画を通じて詩吟の楽しみ方を日本の素晴らしさを今を乗り越える元気を与えることが出来たら幸いです。

林 煌彩(林 綾香)

東京都出身。吟詠煌成流煌成会。範士 林煌彩
4歳より両親に詩吟を習い始める。公益財団法人吟剣詩舞振興会主催のコンクール、舞台多数出場。平成13 年度全国吟詠コンクールにて青年の部で優勝。文部科学大臣賞、会長賞、NHK杯受賞。CS放送、NHK、日本テレビ『嵐にしやがれ』クリスマススペシャル神の声合唱団2期生としても出演。日本武道館独吟、鳥取国民文化祭出場。日本コロムビア吟詠音楽会主催舞台多数出演。20周年功労賞、審査員、青少年育成委員。会の吟詠指導他ジャズ、ポップス、演歌、歌謡曲など交えてのピアノバーでのライブ。老人ホームなどでのボランティアなど含めて吟詠の普及の為にも活動している。