アートにエールを!

クラリネットを壊しちゃったり直しちゃったり

  • 公開日 2020.09.14
  • 視聴回数 1376回
  • 01音楽/MUSIC
管楽器はマウスピースやリードだけで音を鳴らすことができるので、楽器を完全な形から変形させて演奏するパフォーマンスが良く行われます。そんな管楽器の中でもクラリネットは、その真っ直ぐな形状、部品の数、着脱のし易さ、更には珍しい「閉管」の楽器であることがそのパフォーマンスをより楽しいものにしてくれます。
この曲は演奏が進むにつれて一方の奏者がクラリネットを分解していき、もう一方の奏者はクラリネットを組み立てていきます。コロナ禍でも密を避けて演奏しやすい二重奏でお楽しみください。
演奏は「AQUAMUSE」のメンバーとしても活躍中の小田祐子さんと中村奈央さんです。
なお、この曲の楽譜はドレミ楽譜出版社より発売中の「クラリネット・デュエット・アルバム 岩岡一志編」に収録されています。

岩岡一志(作曲)小田祐子・中村奈央(クラリネット)

岩岡一志(作曲)私立麻布中学、同高校、洗足学園音楽大学卒。ピアノや管楽器を使った作品を多く書いており、ドレミ楽譜出版社よりフルート、サックス、クラリネットによる各二重奏の曲集を出版している。洗足学園音楽大学・大学院講師
小田祐子(クラリネット)洗足学園音楽大学、同大学大学院修了。ヤマハ管楽器新人演奏会、学内でのコンチェルトの夕べなどに出演。マリインスキーバレエ日本公演に参加。また吹奏楽団体からの招きによりソリスト協演がある他、国内オーケストラへの共演など広範囲で活動中
中村奈央(クラリネット)洗足学園音楽大学卒業。クラリネットを郡尚恵、角田晃、千葉直師、エマニュエル・ヌヴーの各氏に師事。在学中、学内特別選抜者に認定され、韓国、ドイツへの演奏旅行に参加。演奏活動の傍ら後進の指導も行っている