アートにエールを!

せいさくのいぎ

  • 公開日 2020.07.02
  • 視聴回数 175回
  • 04美術
緊急事態宣言の発令によって間借りしているスタジオを閉鎖されてしまい、いつもどおりの制作ができなくなってしまった。やむをえず自宅に篭り、筆を持ち、絵を描いてみることにした。とは言っても外出自粛要請で画材を買いに出掛けることができないので、家にあった材料でキャンバスを制作することからはじめなければならなかった。

映像は制作の一部始終と、長い外出自粛期間から開放された後のできごとで構成される。

どんな状況下にあっても、せいさくのいぎを問いながら、表現者として創り続けることをコンセプトに今回の作品を制作。

タノタイガ

多様な表現手法によって、法律やルール、社会システムや制度と言ったテーマを、記号性と媒体性を誇張した風刺的表現をおこなう。作者自身を媒体化しながら日常に埋もれた社会や集団の倫理性を表出させ、作品の中にはユーモアと毒を兼ね備える。「あそびのじかん」東京都現代美術館(2019)、「札幌国際芸術祭」(2017)、「3・11とアーティスト: 進行形の記録」水戸芸術館現代美術センター(2012)など展覧会への出品のほか、全国各地のアートプロジェクトへの参加やワークショップを多数おこなっている。