アートにエールを!

大谷石に響くオーボエ独奏

  • 公開日 2020.09.11
  • 視聴回数 856回
  • 01音楽/MUSIC
これまでのような演奏活動が制限されてからは、地元栃木で過ごしながら、オーボエ独奏の表現の可能性を広げようと模索していました。そこで今回は、栃木ゆかりの大谷石で作られた蔵で、無伴奏の作品を演奏することにしました。
選曲したのは、バロック時代のテレマンの作品です。混沌とした世の中や日常生活であっても、バロック音楽を聴くと、整然として美しい和声進行に心が洗われます。
今回の撮影・収録、動画編集は兄の山本学に協力していただきました。短い作品ですが、是非最後までご鑑賞いただけると嬉しいです!

山本 楓

栃木県出身のオーボエ奏者。東京藝術大学を卒業後、同大学大学院音楽研究科、及び英国王立音楽院にて修士課程を修了。
2019年 第88回日本音楽コンクール第1位、あわせて瀬木賞受賞。
ソリストとして東京フィルハーモニー交響楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、栃木県交響楽団等と共演。
現在は、フリーランスとして主要オーケストラの客演を務める他、アンサンブルやソロでも積極的に演奏活動を行っている。
ぱんだウインドオーケストラ、MCFオーケストラとちぎメンバー。