アートにエールを!

戯曲「息子」リーディング

  • 公開日 2020.09.10
  • 視聴回数 169回
  • 02演劇
この戯曲「息子」は、新劇のパイオニアでもある小山内薫氏が、ハロルド・チャピン作「父を訪ねて」を日本の江戸末期「火の番小屋」に舞台を移して翻案されたものです。短篇でも親と子の情愛が熱く深く展開する物語です。
撮影した動画は必要以上に手を加えず、戯曲の魅力で聴衆の胸に響く読み語りに挑みました。

青年劇場「息子」グループ

俳優・吉村直が「優れた戯曲を広く紹介したい」という思いで後輩たちに声をかけて作ったユニット。4人とも劇団青年劇場に所属する俳優で、東京はもちろん、全国の学校や子ども劇場、演劇鑑賞会、実行委員会形式など様々な公演活動の第一線で活躍中。