アートにエールを!

Distance

  • 公開日 2020.09.04
  • 視聴回数 710回
  • 01音楽
 2020年がベートーヴェンの生誕250周年であることに着目し、ベートーヴェンの作品を活かして洋楽器と邦楽器の組み合わせによる楽曲を新たに制作しました。
 タイトルのDistance(=距離)は、
◆250年という時間の距離(Distance)を越え
◆洋楽器と邦楽器を組み合わせることで西洋と東洋という地域の距離(Distance)を越え
ひとつの作品に融合し、また苦悩から歓びへと向かう流れで楽曲全体を構成することにより、今のコロナ渦を乗り越えようという想いを込めています。
 なおDistanceには感染拡大防止のためのソーシャルディスタンスを忘れずに、という意味も込められています。

洋楽器和楽器アンサンブルDISTANCE

ピアニスト・指揮者の鈴木啓資と作曲家の大曽根浩範を中心に、国内外で活躍する演奏家たちがこの企画のために集まって結成。

1st.ヴァイオリン 白石彩音
2nd.ヴァイオリン 陳金
ヴィオラ 川村凛子
チェロ 石井沙和子
フルート 遠藤尚子
ピアノ 鈴木啓資
箏 小林真由子
和太鼓 金刺敬大
作曲 大曽根浩範