アートにエールを!

ヅカ★ガール『ミューズの追憶』

  • 公開日 2020.09.02
  • 視聴回数 1447回
  • 02演劇/PLAY
脚本・演出家の飯塚未生が主宰する劇団ヅカ★ガールの過去(コロナ前)と未来(コロナ後)を繋ぐ“記録”と“指針”的な映像作品として作成。
ヅカ★ガール構成員である片山歩美・石黒乃莉子・かまくらあや・来栖梨紗・結崎あゆ花が「Stay Home」時の自身の姿を「演じる」映像に、前述の女優陣がヅカ★ガール過去公演にて舞台上で「演じる」姿を重ね合わせる。
過去公演映像は『イヴ・プリマ・パンドラ-幻想都市の魔女-(2019年)』『馘切姫(2018年)』『ハイヌウェレの骸(2017年)』を使用。
「延々続く“自粛”の闇を越え、我々はまた新しい舞台を作る。」という覚悟と激励を、演劇の再興を待つ人々に伝える。

ヅカ★ガール

上智大学劇団リトルスクエアより派生した劇団。
三度の飯より女を愛する主宰飯塚未生の集めた女優陣は自称オール・ミューズ。
幻想絵画のような劇空間と、詩的な台詞回しによって独自の世界観を確立している。
「女」がつくる「女を愛でる」芝居で演劇界に新しい地平を築かんとしており、「女性たち」を物語の中心に据えた、従来の性別規範に囚われない作品構成に定評がある。