アートにエールを!

出発の唄!「動物会議UTA-KAI」より

  • 公開日 2020.09.02
  • 視聴回数 244回
  • 01音楽/MUSIC
2020年に予定されていた国際子どもと舞台芸術・未来フェスティバル参加作品「動物会議UTA-KAI」より、出発の唄(たびだちのうた)を、3人の出演者と人形アニメがわかりやすいように振付を解説しながら歌います。
2021年に延期された公演の前に、参加する子供たちにも映像を通じて作品に親しんでもらえたらという思いで制作しました。
曲は軽快なアップテンポに簡単な振りが付いています。動物たちが人間たちに平和を呼びかけるために旅に出る唄。歌詞で伝えるメッセージ「出かけようぼくらの時代 踏み出すんだ今 新しい世界も悪くない 勇気振り絞れ」。シンプルな前向きさが、世界に響くよう願っています。

松本MOCO

作詞・作曲・編曲家、音楽プロデューサー、音楽教育家。演劇、音楽の制作、学校公演での子供たちとの音楽シェアリングなどの経験を生かして、総合的な音楽環境を提供することを目指している。新感覚コンサートミュージカル「動物会議」では仲間たちと地域文化発信、海外交流イベントなどを行っている。「表現は生きるちからだ!」をモットーに、音楽シェアリングコミュニティ「ウタノホシ」も主宰し、メンバーと作品を発信している。