アートにエールを!

日本、フィンランド、世界中のあなたと共に

  • 公開日 2020.07.02
  • 視聴回数 992回
  • 01音楽
愛しい妻のいるフィンランドを想い、日本、世界の人に向けてピアノを弾く。深い愛に満ち、心の奥まで染み込むように届く響き。穏やかで優しい語り。その存在に触れる者全てが大切な人を想い、この騒動前の自分、騒動後これからの人生をじっくり考える貴重な時間を与えられ、光ある映像に救われる。◆吉松隆:アイノラ抒情曲集より「ロマンス」「モーツァルティーノ」「バラード」/タピオラ幻想より「水のパヴァ―ヌ」◆スクリャービン:前奏曲と夜想曲◆カッチーニ(吉松隆編曲)アヴェ・マリアを収録。

舘野泉 Tateno Izumi

今年演奏生活60年を迎えるクラシック界のレジェンド。日本とフィンランドを拠点に世界各国で活躍していた彼は65歳で脳溢血のため右半身不随となるが、2年後音楽への強い信念の元、不屈の精神で左手のピアニストとして奇跡の復活を遂げる。常に前を向き泉の如く湧き出る画期的で新しい企画に挑戦、進化し続ける巨匠は多くの人々に勇気と希望、真の感動を与えている。この騒動でコンサートは中止延期が相次ぎ、高齢のためステージへの復帰はかなり先になる可能性が高い。しかし動じることなく現状を受け入れ平常心。独り暮らす築90年東京の自宅で不自由な体ながら家事全般をこなし、ピアノに向かう静かな毎日をあたりまえに過ごす83歳現役ピアニスト。