アートにエールを!

間宮芳生『空のむこうがわ』

  • 公開日 2020.08.26
  • 視聴回数 536回
  • 01音楽
コロナ禍のさなか、共に生きる契りを交わした二人の音楽家の、初めての共演動画です。

バラの花粉になってミツバチに運ばれ、オーロラのしっぽにつかまって流れ星になり、もう一つの地球へとたどり着いた―――そこは理想郷のような場所だったが、奇妙な姿の生きものが悲しげに優しいうたを歌っていた。
作曲者が見た夢から生まれた少し不思議なこの歌には、ここではないどこかへの強い憧れとともに、何かが変わってしまったこの世界への拭いきれない懐古も込められているように感じられます。

作詩:友竹辰(友竹正則) 作曲:間宮芳生

田中エミ、佐藤拓

田中エミ
国立音楽大学音楽教育学科卒業。在学中は松下耕氏のゼミで合唱指揮を学ぶ。同時期より栗友会に参加し合唱の研鑽を積んでいる。器楽指揮を髙階正光、今村能に師事。TOKYO CANTAT 2012「第3回若い指揮者のための合唱指揮コンクール」第1位、及びノルウェー大使館スカラシップを受賞。ノルウェー、オーストリアへ短期留学。現在、子どもから大人まで、幅広い世代の合唱団を多数指導。21世紀の合唱を考える会 合唱人集団「音楽樹」会員。

佐藤拓
合唱指揮者・アンサンブル歌手・民謡愛好家・ヴォイストレーナー
公式サイト https://contakus.com/