アートにエールを!

日本フィル楽団員がおうちでアンサンブル!

  • 公開日 2020.06.25
  • 視聴回数 330回
  • 01音楽
メンデルスゾーン作曲、弦楽八重奏曲第4楽章のテレワーク演奏です。今回はそれぞれが自宅にて録音・録画したものを編集しました。
私たちはいつも演奏するとき、「空気感」の共有を大切にします。そのため普段は何度も入念なリハーサルを行い本番に臨みますが、今回は3密を避けるため対面でのリハーサルを一切行わず、事前の打ち合わせのみで完成度の高い演奏の実現を目指しました。
音楽は音だけというイメージですが、視覚的にも楽しめる工夫として、メロディが登場した際にその部分をわかりやすくする、演奏中の手の動きを映すことにより臨場感を出す、などの方法を用いました。
音源・映像編集:大柴拓

日本フィル弦楽器有志

東京都・杉並区を拠点に活動するプロ・オーケストラ、日本フィルハーモニー交響楽団の弦楽器奏者8人により結成しました。
普段仕事場で共に音楽を作る同僚ですが、新型コロナの影響により2月下旬から活動自粛を余儀なくされている中、音楽家として音楽がしたい、演奏会に出かけられない方々へ音楽を届けたい、という強い思いのもと集まりました。
今注目される「テレワーク」での演奏。私たちも初めての経験でしたが、今後のオーケストラ界の発展につなげられるよう模索しています。
Violin 佐藤駿一郎、竹内弦、竹歳夏鈴、岡田紗弓
Viola 小中澤基道、中川裕美子
Cello 石崎美雨、横山桂