アートにエールを!

音楽がバリ島と日本をつなぐ

  • 公開日 2020.08.25
  • 視聴回数 295回
  • 01音楽/MUSIC
今回バリ島のアーティストたちの協力を得て、現地で演奏されるガムラン音楽、そして日本で演奏されるガムラン音楽をつないで動画を作成しました。海を越えた繋がり、多様な音楽の魅力を知ってもらえたら幸いです。ガムランは一人では演奏できません。多くの人が集まり、それぞれのパートが絡み合うことで音楽が奏でられます。今はまだ以前のようにはできませんが、いつかまた皆で、気楽にガムランを楽しめる日が来ることを願っています。

飯田茂樹と仲間たち

飯田茂樹(Iida Shigeki) 国立音楽大学ピアノ科を卒業後、インドネシア政府留学生として3年間バリ島にあるインドネシア国立芸術大学に留学しガムラン音楽を学ぶ。東京学芸大学大学院音楽教育学修士。2015年3月まで東京・青山の「こどもの城」に約30年間勤務。ガムランやサンバなど民族音楽の講座を受け持ち、子どもたちを中心に民族音楽に親しんでもらうきっかけづくりを行った。東京学芸大学 非常勤講師。NPO法人日本インドネシア・バリ教育文化協会(JIBECA)代表。都内を中心に世界の民族楽器、手作り楽器を通して子どもからご年配の方まで、幅広く音楽を身近に楽しむ機会をつくっている。

■所属団体(JIBECA ジベカ)ホームページ: https://jibeca.jimdofree.com