アートにエールを!

サックス8重奏で「威風堂々」

  • 公開日 2020.08.21
  • 視聴回数 2153回
  • 01音楽
2020年4月24日東京オペラシティにて開催予定でしたSaxaccord vol.10が、新型コロナウイルス感染拡大のため延期せざるをえなくなりました。「威風堂々」は、このコンサートのオープニングを飾る予定でした。 
今年は吹奏楽コンクールも中止になり、中高生や、吹奏楽を愛する多くの方が、やり場のない思いを抱えています。
私達は深い悲しみの中にいる方々に、エールを贈りたいと思い演奏いたしました。
尚、今回の動画作成にあたって、管楽器専門店ダクの全面的な協力のもと、感染予防対策を施した上で収録を行いました。撮影はスマートフォン6台を設置し無人で撮影いたしました。

Saxaccord サクサコール

2008年に、二宮和弘、山田忠臣、有村純親、國末貞仁の4名で結成。その後、2014年に木村有沙、小林瑞希、塩塚純、神保佳祐の4名が加入し、現在のサックス8重奏団として新たなスタートを切りました。
結成10周年を迎えた2018年にはフロレスタンより1stアルバム「ロシアン・マスターピース」をリリースし、レコード芸術誌の特選盤に選出されました。また10周年記念コンサートを東京オペラシティ、リサイタルホールにて開催し好評を博しました。
Saxaccord(サクサコール)とは、Sax(サックス)と、accord(アコール、調和という意味の仏語)という二つの言葉を足した造語です。