アートにエールを!

Departure

  • 公開日 2020.08.20
  • 視聴回数 701回
  • 05映像
ダンサー古里和歌子とヘッドピースアーティストLimoをフィーチャーした映像作品の制作を進めていたところ、発表の場として予定されていた2020年5月のイベントが中止になり、作業も中断されました。今回の「アートにエールを!」を機会に作品をまとめ直すこととし、意見交換から編集作業まで全てオンラインで行い完成させました。古里は2015年より変形性股関節症を患い、痛みで歩行困難な状態になっていましたが、その身体に向き合い踊り続け、2020年1月に人工股関節手術をし、再出発に向けリハビリを行っています。彼女の新たなる出発とコロナ禍からの再出発を願う私たちを重ねた作品にしました。

裏庭巣箱

塩路牧子が脚本と演出を、粕谷晃司がドラマトゥルクを担当。
作品ごとにキャストスタッフを集め、公演を行う演劇製作ユニット。
映像作品を製作する際には、塩路が監督、粕谷がビデオの撮影編集を行う。