アートにエールを!

童謡が歌う日本のこころ

  • 公開日 2020.08.20
  • 視聴回数 813回
  • 01音楽
幼い頃、ベッドで頬を寄せてお母さんが歌ってくれたあの歌、お父さんが手をつないで公園の帰り道に歌ってくれたこの歌、そして保育園の先生が優しくおしえてくれた歌。幼いながらも風景を想像しながら歌う楽しさを知った「童謡」は、絵本の中にいるみたいだった。今回、私たちは別々な場所で歌っているのに、まるで同じ空間に居るような気がした。童謡の中のユーモアは、いつも私たちの心を豊かに、幸せにしてくれている。(佐藤由里亜)
日頃「童謡」に力を注ぐ仲間が、家族が集うチャンスが増えた今、是非皆さんも声に出して歌って欲しい、ずっとずっと覚えていて欲しい、という願いを込めて歌いました。100年後にも歌っていて欲しいから。

童謡をみんなに届ける仲間たち 

たいらいさお
NHK3代目うたのおにいさん。アニソン歌手としても活躍。シニア向け童謡講座も好評。第25回日本童謡賞 特別賞受賞。
佐藤由里亜(ピアノ うた)
桐朋学園大学演奏学科ピアノ専攻卒業。ソロ、弾き語り、伴奏等で活躍。童謡、合唱の指導指揮。田園調布学園中高、狛江第六小音楽講師。
岩田 瞳(うたのおねえさん)
国立音楽大学卒業。各地の幼稚・保育園や公演で歌のおねえさんとして活躍。防災一人語りに挑戦。
関根しずか(ソプラノ  Planning)
東京音楽大学卒業。オペラにソリストとして出演。事務所スタッフとして企画制作に携わる。
佐々木 曜(イラストレーター)
クリニック、保育園、料理店等のロゴデザイン、イラスト作品展示。絵本「ブランピーストーリー」作成。