アートにエールを!

一億の孤独達 / 丘咲アンナ

  • 公開日 2020.08.18
  • 視聴回数 687回
  • 01音楽
ユキハラカズサさんの「一億の孤独達」という戯曲を元に作曲しました。
“ハローハロー”という呼びかけに、強烈な親しみと絶望感を感じさせる特別な一曲になりました。

今回、初めてPVのような動画も制作しました。
絵コンテから撮影、動画編集まで一人で完結できて、とても自信に繋がりました。
でも一人だともどかしい作業がやまほどあったので、次は誰かと作ってみたいと思えました。
それもとても良かったです。

快く原作の使用許可をくださったユキハラカズサさん。
急遽のレコーディングにお付き合いくださったうめじさん。
本当にありがとうございます。

多幸感と絶望感が同時に押し寄せる不思議なこの唄が、誰かの孤独に寄り添ってくれたら嬉しいです。

丘咲アンナ

丘咲アンナ
〈寄り添うけれど、何も言わない唄〉を歌うシンガーソングライター。

透明感と伝統的な響きを持つ歌声、仄暗く美しい楽曲、日本語の発音に定評があり、プロフェッショナルによる高い評価を受けている。

二十歳で声楽から歌のキャリアをスタートさせ、音程やリズムなどの音楽の基礎を学び、その後、独学でポップスへ転向。同時にギター弾き語りでのライブ活動を開始。

人の儚さ、寂しさ、絶望を歌いながらも、不思議と多幸感あふれるステージングに定評がある。