アートにエールを!

花火

  • 公開日 2020.07.17
  • 視聴回数 28612回
  • 07その他/OTHERS
江戸時代、悪疫退散のために打ち上げられた花火は深いオレンジ色でした。
そして今、花火は目覚ましい進化を遂げ虹色の花火や時差式花火などより美しく輝きを増しています。
日本の花火は世界に誇れる芸術作品だと感じます。
美しい花火に出会うと涙が溢れてきます。
都内を始め各地で撮った写真をスライドショーでご覧下さい。
2020年1月25日オリンピックパラリンピック半年前記念としてお台場で上がった花火の写真も収録しています。

2020年、COVID-19の影響により殆どの花火大会は中止になりました。
今後は三蜜を避けるため花火大会も変化を求められています。
数百年継承してきた伝統文化の花火が危機に立たされています。

花火写真家 金武 武

1963年神奈川県横浜市生まれ。
写真の技術を独学で学び30歳で写真家として独立。
金武写真事務所設立。
日本各地の打上げ花火を独自の手法で撮り続けている。
写真展、イベント、雑誌等、メディアでの発表を続け、
花火の解説や講演会、花火撮影ツアーの依頼が増えている。
2016年には花火打上従事者の資格を取得。

ビジュアルブック「眺望絶佳の打ち上げ花火」
ムック本「超 花火撮影術」(電子書籍も有)
DVD「デジタルカメラ 花火撮影術」
博報堂WEBサイト「ONE STORY」コラム連載中