アートにエールを!

蘇州夜曲1940→2020そして世界へ

  • 公開日 2020.08.17
  • 視聴回数 310回
  • 01音楽
私達はいつもジャズを中心に演奏活動をしている音楽家です。普段はおもにアメリカで長く愛されてきた曲を演奏していますが、日本で生まれ歌い継がれてきた音や言葉も大切に伝えていきたいと考えています。
今回選んだ『蘇州夜曲』は、平和とは言い難い1940年に書かれました。その時代から現代に至るまで、多くの人々の心に深く響き愛され続けてきたのは、この曲の持つ普遍的な情感によるものだと思います。私達の演奏を通じて「尊厳」や「心の在り方の大切さ」までも感じていただけたら幸いです。南米発祥のリズムを用い、歌、ガットギター、コントラバスのシンプルな編成。世界中の人々に伝わるよう英訳の字幕を入れました。

吉木稔グループ

日本の歌い継がれる作品を世界へproject。吉木稔(contrabass)熱血野球少年を経てバンドマンになる。吉木稔SOULSTATION 【PATH OF HOPE】配信中。 山口友生(guitar)東京生まれ大学在学中、ジョージ大塚バンドでの演奏活動を開始。以来、多くのバンドに参加し、また多くの歌手のサポートを行う近年はアコースティックギターをメインに活動している。http://www.jazz-musician.tokyo/yamaguchi/ 石川真奈美(vocal)平成元年よりジャズの世界へ。数々のライブハウス、イベント等に出演。 近年はジャンルを超えての表現にも意欲的に取り組んでいる。https://manami-voice.com