アートにエールを!

温故知新レコーディングドキュメンタリ

  • 公開日 2020.08.13
  • 視聴回数 224回
  • 01音楽
この春に発表するはずだった、青緯(Vo)のオリジナル新曲「Weathercock(風見鶏)」を、このユニットでレコーディングして、その様子を1曲の中に盛り込んだMVにしたいと思いました。
各自宅スタジオなどでビンテージ機器を使った多重録音を行い、あえてフィルムのような映像にもトライして、懐かしくも斬新な世界に挑戦しました。
曲名が意味するように、「逆境でも次に新しい風が吹く」というコンセプトを中心に据えてます。
動画を作成するのは初めてだったのですが、意外と楽しくやれて病み付きになりそうです。

東京アウフヘーベンズ

東京を拠点とするジャズファンクバンド「DOMOTOS feat. 青緯」が母体。今回の為に安達隆之(Gt, Produce)と下久保昌紀(Drums)がユニットを組み、そこへ他県在住の青緯(Aoi)をゲストに、3人編成のスペシャルユニットとなる。ユニット名の「アウフヘーベンズ」の意味は、相反するものの高次元での融合、という哲学用語。それを表現できればと名付けた。
数々のCD制作やアーティストをプロデュースしてきた安達と、Grooveに長けた凄腕ドラマーの下久保、そしてビターで個性的な作詞作曲と歌唱の青緯、この3人の作り出すGroove感満載の演奏と歌は大きな武器。
温故知新が心情。