アートにエールを!

無観客試合・公演のための観客ロボット

  • 公開日 2020.06.29
  • 視聴回数 135回
  • 07その他
新型コロナウィルスの影響で、無観客試合・公演を強いられている、スポーツやコンサート、ライブ、演劇などの劇場公演を救うために、観客ロボットを考えてみました。スポーツは各競技ごとに、劇場公演も各ジャンルごとに、その競技、公演に即した応援をしてくれるロボットです。無観客での開催?など懸念されている来年の東京オリンピックもこのロボットで盛り上がる事、必至です!

サンキュー手塚

1968年、長野県に生まれる。早稲田大学在学中にパントマイムを学ぶ。既成のパントマイムの枠を超えた斬新な発想で、各地の大道芸フェスティバルやイベント、舞台にて活動。1999年にはアジア最大級の大道芸フェスティバル『大道芸ワールドカップin静岡』でワールドカップ受賞など受賞歴、海外公演も多数。2002年には東京都の大道芸ライセンス制度ヘブンアーティストを取得。都内の公園や施設でも定期的に公演を行っているほか、2012年からは東京芸術劇場主催の『ストリートアーティスト・アカデミー』の講師を務め、若手パフォーマーの育成にも尽力している。