アートにエールを!

TOKYO破邪剣舞

  • 公開日 2020.08.11
  • 視聴回数 460回
  • 05映像
都内で活動する三人のアーティストの緊急事態宣言下の東京での活動を捉えたショートムービー。和楽器BARを経営する和太鼓奏者・広純はコロナ禍の為に店を休業し、再開店の機を待ち店の清掃と和太鼓の練習を続け、剣舞師の川渕かおりは、独り剣の修行を続けている。ある日作曲家の山切から、この世の厄を払う破邪の曲を作ったので祈りの演奏と剣舞をして欲しいというメッセージと曲が届く。二人はそれぞれの場所で刀と撥を握る。

KAO=S / 和太鼓師・広純

■KAO=S (カオス)
川渕かおり(Vocal/剣舞)と山切修二(Guitar/vocal)のロックユニット。2012年から二年連続で世界最大音楽コンベンションSXSWに出演。2014年には米CNN番組で世界中に紹介され、以降毎年海外公演を行う。都内を拠点としてこれまでに11か国で演奏。
■和太鼓師・広純
幼少期から子役として芸能界で活動を開始し、以降様々な芸能分野で活躍。ヴォーカリストを務めるバンド、ゲビルで2006年メジャーデビュー。和太鼓奏者としては年間を通じて各地で演奏し、令和元年には天皇陛下奉納演奏に参加した。