アートにエールを!

『フォルモサ・ヴェルデ』〜リモートによるインプロビゼーション

  • 公開日 2020.07.21
  • 視聴回数 306回
  • 01音楽
この「Formosa Verde(フォルモサ・ヴェルデ)」という曲は、メロディに入る前に ピアノとベースの偶発的な掛け合い=「フリー・インプロビゼーション」から始まります。本来は目の前で瞬間ごとに相手の演奏に反応して自由に展開していく掛け合いですが、今回は「リモートでピアノからのメッセージにベースで応える」という挑戦をしています。ピアノ竹内の問いかけにベース澤田はどのように応えて行くのでしょうか。
そしてこの曲は コロナ禍でレコ発ライブが叶わなかった本年3月発売のアルバム「piano sings melodies」収録曲、台湾(=Formosa)への思いが込められています。安心して両国間を往き来できる日、お客様の目の前でセッションをお届けできる日を願いながら演奏させて頂きました。

竹内直子(ピアノ・作曲) 澤田将弘(ウッドベース)

竹内直子(ピアノ・作曲)澤田将弘(ベース)のDUO。
竹内作曲のオリジナルをコアに 唱歌ののジャズアレンジなど 、シンプルで美しいメロディを音色を大切に紡いで行くコンセプトで演奏活動を行なっている。
2019年、2020年 代々木上原ムジカーザにてホールライブ。同年3月『piano sings melodies ”ピアノ、メロディを歌う。”』好評発売中。

【竹内直子 Official Web Site】http://naoko-takeuchi.com/
【YouTube “piano sings melodies”】https://www.youtube.com/channel/UCYEpqjKpxd5_w18uOtys55w