アートにエールを!

小松台東 「演劇しりとり」

  • 公開日 2020.08.03
  • 視聴回数 697回
  • 02演劇
『劇場の灯を消さない!演劇しりとりで演劇にエールを!』
都内には数多くの小劇場が存在します。その数は約300以上。しかし現在、コロナ禍の影響でその全てが閉館中です。熱気と興奮、夢と希望に溢れたかつての小劇場を取り戻すにはまだまだ時間が必要。それでも、復活の日を目指して小劇場は今も存在し続けています。そんな小劇場にエールを送るため、小松台東の劇団員が演劇用語を使った“演劇しりとり”を行いながら都内の小劇場を巡り、皆様にご紹介。「こんなに沢山あるんだ」「こんな所に劇場あったんだ」そう思ってもらうきっかけが、劇場、そして演劇の灯を消さない第一歩だと考えます。

小松台東

2010年 小松台東として団体設立。以降、年間2〜3公演の公演を実施。
劇団の本公演はすべて宮崎弁で芝居を行っている。普通の日常、人間の機微を丁寧にかつユーモアも忘れず描いていてきた自称「現代“宮崎弁”口語演劇」
何気なく感じる会話が、現代社会にも通じるような部分を丁寧に描き、よりリアルに感じてもらえる舞台を創り上げたい。