アートにエールを!

かわせみ座「ロバのプラテーロ」

  • 公開日 2020.08.03
  • 視聴回数 1006回
  • 02演劇
ノーベル文学賞受賞作家・詩人・J.R.ヒメネス(スペイン)の詩集「プラテーロとわたし」から抜粋した数篇の詩を劇団員が朗読。表情豊かなロバの人形を中心に個性的な人形たちが劇団独自の作風でヒメネスの世界を表現しました。
この詩集は、心の療養で故郷に戻った作者が、自然と素朴な日常の中にある美しさ、人生の喜びと悲しみを、ロバのプラテーロに語りかける形で綴られています。大きな禍に翻弄されている昨今、私たちの表現芸術が心を穏やかに豊かにいざなう一端となれるならば嬉しい限りです。三密を避け、撮影・録音したものを編集してお届けします。

かわせみ座

かわせみ座は杉並区を拠点に活動しているマリオネット劇団。
代表の山本由也は、日本の伝統的な糸操り人形劇団「竹田人形座」で竹田扇之助氏、竹田喜之助氏から操演と人形製作の技術を学ぶ。
1982年、独立して「かわせみ座」を創立。従来にはない豊かな表現力を持った構造と操作方法の人形と独自の舞台表現を追求。ユニークな人形操作と卓越した人形表現は世界で唯一無二。イマジネーションと感性をかきたてる作品を創り続けている。
海外公演も多く2012年中国、2013年アメリカ、2015年リトアニア・エストニア、2016年アメリカのフェスティバルに招待され公演。