アートにエールを!

オペラ『かぐや姫』紙芝居ダイジェスト版

  • 公開日 2020.07.20
  • 視聴回数 3280回
  • 01音楽/MUSIC
【三世代で楽しめる】オペラ『かぐや姫』は、2003年東京での世界初演以来、国内各地(北海道、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、新潟、福井、岡山、香川、徳島ほか)をはじめ、海外では、キャンベラ、プラハ、アニフ、ザルツブルク、ロサンゼルスにて再演を重ね、「市民参加型」オペラとしても親しまれる作品です。

このたび、過去の内外公演へ出演回数豊富な一流演奏家から若手精鋭陣*が参加し、自粛期間中に完全リモート収録による 【STAY HOME】 型オペラ映像として制作しました。

親子孫三世代が自宅で気軽にオペラを楽しめることを願い、「紙芝居イラスト」とのコラボ映像作品となっています。

*サムネイル画像参照

平井秀明~チーム『かぐや姫』

幼少よりピアノと作曲を祖父・平井康三郎に、チェロを父・平井丈一朗に師事。米国ロチェスター大学政治学科卒。イーストマン音楽院ほかで指揮法を学ぶ。97年フラデッツ・クラーロベ国際指揮者コンクール第1位。自作オペラ三部作(「かぐや姫」、「小町百年の恋」、「白狐」)はザルツブルクほか内外で50回以上上演。12年ウィーン国立歌劇場、13年カーネギーホールにて指揮デビュー。17年自作アヴェ・マリアをローマ教皇に献呈の栄誉を賜る。19年ロッシーニ歌劇場指揮デビュー。ニューヨーク祝祭管弦楽団音楽監督・指揮者、チェコ・ヴィルトゥオージ室内管弦楽団及び、ウィーン・クラング・アンサンブルの首席客演指揮者。