アートにエールを!

故郷 / Hometown

  • 公開日 2020.07.14
  • 視聴回数 587回
  • 01音楽
突然襲ってきたコロナウィルスは、私たちの生活そのものを根底から覆し、全ての自由を奪って行きました。
私たちアーティストは職業である演奏の場を奪われ、故郷に残した両親の介護の術まで奪って行きました。
思うことは「故郷」北海道に行きたい、両親とともに家族で過ごしたい、故郷に残されたメンバーとの再会への願いです。
そして、演奏家である我々の故郷=Hometownである「ステージ」に早く戻りたいという願いを、音楽と映像で表現しました。

遠TONE音

生まれ育った故郷「北海道」の原体験がテーマです。
三塚 幸彦(尺八)、小野 美穂子(箏)、曽山 良一(ギター)
日本古来の楽器である「尺八」「箏」と「ギター」の組み合わせにより優しく、そしてどこか懐かしい 「癒しの音楽」を作り出しています。
1988年、札幌交響楽団と初のオリジナル曲「地球岬」での競演が事実上のデビュー。
1990年 十勝圏複合事務組合文化事業によるコンサートツアー
札幌ユニバーシヤード閉会式の音楽担当
1994年 十勝圏複合事務組合「十勝音の大使」
1995年にはNHKテレビ番組「人間マップ」出演を機に全国的に話題に。
深く故郷を想う心の音楽は、聴く人に故里を思い起こさせ、心からのリラックスを誘います。