アートにエールを!

最新版別役実「病気」

  • 公開日 2020.07.10
  • 視聴回数 706回
  • 02演劇/PLAY
名取事務所常連のスタッフ・役者で構成されています。
「あなた、病気じゃありません・・・・」の台詞で始まるこの芝居は
「もしかしたら私は病気かもしれない」という現代人が抱いてる不安を拡大したものです。
現在コロナ禍にある私達の不安と共通の気持ちを持っており、導入部だけの映像ですが、全体像が十分想像できると思います。
別役実の非日常の風景が今では日常に見えます。
機会があれば上演したいと思っております。その時は是非足をお運び下さい。

名取事務所

平成8年設立。演劇プロデュース、コンテンポラリーダンスのプロデュースを主とし、映画制作等とそれに伴う、ワークショップなどを手掛ける。
演劇分野においてはイプセン現代劇連続公演(12作)、別役実海外交流シリーズ等の企画制作、現代韓国演劇上演、カナダ演劇最新作連続公演等を手掛けている。また自治体、企業との共同制作、海外公演等の活動を展開している。最近では別役実作「やってきたゴドー」「象」で海外公演を多数プロデュース。2018年第25回読売演劇大賞 優秀作品賞「屠殺人 ブッチャー」を受賞。